Materiality Finder

会社検索

Select Language
Current language: 日本語

上記の上場企業を検索できます。非公開会社の場合は、以下の産業を特定することにより財政上重要な持続可能性についてのトピックを閲覧できます。

産業を探す

消費財セクター 7 Industries
アパレル、アクセサリー及びフットウェア
アパレル、アクセサリー及びフットウェア業界には、紳士服、婦人服、子供服、ハンドバッグ、ジュエリー、腕時計、フットウェアなど様々な製品のデザイン、製造、卸売、小売に携わる企業が含まれる。製品は主に新興国市場のベンダーが製造し、業界内の企業がデザイン、卸売、マーケティング、サプライチェーン管理、小売活動に専念することを可能にしている。 開示トピックを見る
家電製品の製造
家電製品の製造業界は、家電製品および手工具の設計および製造に関わる企業を含む。この業界は、世界各地で製品を販売および製造しているが、主に小売店を介して消費者に製品を販売している。 開示トピックを見る
建築・内装資材
建築・内装資材インダストリーは、住宅リフォーム製品、住宅およびオフィス家具、構造用木材建築材料の設計および製造に関与する企業で構成されている。この業界の製品には、フローリング、天井タイル、家庭用およびオフィス用の家具や備品、木製のトラス、合板、パネル、木材などがある。企業は通常、小売店への流通チャネルを通じて、または独立した、または会社所有の販売店を通じて製品を販売する。 開示トピックを見る
電子商取引
電子商取引業界は、他の企業や個人が商品やサービスを販売するためのオンラインマーケットプレイスを提供する企業と、消費者が商品やサービスを購入するための専用のウェブベースのプラットフォームを提供する小売業者や卸売業者で構成されている。この業界の企業は、消費者にも他の企業にも販売を行う。電子商取引サイトへのアクセスが可能であるため、この業界は買い手と売り手のためのグローバルな市場である。注:この業界の範囲は「純粋な」電子商取引にのみ適用され、企業の製造業や実店舗の小売業は対象としていない。多くの消費財メーカーや小売業者は、自社のビジネスに電子商取引の要素を取り入れているか、または取り入れようとしている最中である。SASBは、マルチライン・専門小売・流通業(CG-MR)、アパレル、アクセサリー及びフットウェア(CG-AA)、おもちゃ・スポーツ用品(CG-TS)の各業界向けに個別の基準を設けている。前述の業界における企業の特定の活動や業務に応じて、電子商取引業界の基準に関連した情報開示のトピックや会計指標も関連している場合がある。 開示トピックを見る
家庭用品・パーソナルケア用品
家庭用品・パーソナルケア用品 業界は、化粧品、家庭用及び産業用洗浄用品、石鹸及び洗剤、衛生紙製品、家庭用電池、カミソリ、台所用品など、個人や商人消費のための広範囲の商品を製造する企業で構成されている。家庭用品・個人用品企業は世界的に事業を展開し、一般的には量販店、食料品店、会員制クラブ店、ドラッグストア、高頻度販売店、流通業者、電子商取引の小売業者に製品を販売している。一部の企業は、第三者の小売店ではなく、独立した代理店を通じて製品を販売している。 開示トピックを見る
マルチラインおよび専門小売業者およびディストリビューター
マルチラインおよび専門小売業者およびディストリビューター業界には、百貨店、量販店、家庭用品店、ウエアハウスクラブなどの様々な小売業態と、電子機器卸売業や自動車卸売業などの小規模な流通業態が含まれている。これらの企業(流通部門を除く)に共通しているのは、消費者の需要を予測し、コストを低く抑え、実店舗に商品をストックしておくために、グローバルなサプライチェーンを管理していることである。この業界は非常に競争の激しく、各企業のカテゴリには一般的に少数のキープレイヤーが存在し、一般的に利益率が低いことが特徴である。小売業は比較的代替性が高いため、このインダストリーの企業は特に風評リスクの影響を受けやすい。 開示トピックを見る
おもちゃ・スポーツ用品
おもちゃ・スポーツ用品業界は、レジャー製品を製造する二つの異なるセグメントで構成されている。おもちゃやゲームを製造する会社と、自転車、ゴルフクラブ、フィットネス機器、その他の同様の製品などのスポーツ用品や運動競技用品を製造する会社である。この業界の企業は、主に小売店を通じて消費者に製品を販売している。統合生産のレベルは、業界のセグメント間およびセグメント内で異なる。主な製造拠点はアジアであり、中国が生産の大部分を占めている。 開示トピックを見る
採掘・鉱物加工セクター 8 Industries
石炭事業
石炭事業業界には、石炭を採掘する企業と石炭製品を製造する企業が含まれる。採掘活動は、地下採掘と露天掘りの両方、および熱石炭と冶金石炭を対象としている。 開示トピックを見る
建設資材
建設資材企業はグローバルに事業を展開しており、建設会社や卸売業者に販売するための建設資材を生産している。主にセメントや骨材であるが、ガラス、プラスチック素材、断熱材、レンガ、屋根材などが含まれる。資材メーカーは独自の採石場を運営し、砕石や砂、砂利を採掘している。また、鉱業や石油産業から原材料を購入することがある。 開示トピックを見る
鉄鋼メーカー
鉄鋼生産業界は、製鉄所を持つ鉄鋼メーカーと鉄鋼鋳造所を持つ企業で構成されている。鉄鋼生産者セグメントは、自社の工場から鉄鋼製品を生産する企業で構成されている。これらの製品には、フラットロールシート、ブリキ、パイプ、チューブ、およびステンレス鋼、チタン、高合金鋼で作られた製品が含まれる。さまざまな製品を鋳造する鉄鋼鋳造所は、通常、他社から鉄鋼を購入する。このインダストリーには、鉄鋼製品を流通、輸入、または輸出する金属サービスセンターやその他の金属卸売業者も含まれる。鉄鋼の生産は、鉄鉱石を原料として使用する一般的な酸素炉(BOF)とスクラップ鋼を使用する電気アーク炉(EAF)の二つの主要な方法で行われる。このインダストリーの多くの企業が国際的な規模で事業を行っている。注:一部の例外を除いて、ほとんどの企業は自社の鉱石を採掘して鉄鋼製品を製造していない。 金属・鉱業 (EM-MM)インダストリーには、個別のSASB基準がある。 開示トピックを見る
金属・鉱業
金属・鉱業は、金属・鉱物の抽出、鉱石の生産、採石、金属の製錬・製造、金属の精錬、鉱業支援活動を行っている。また、鉄鉱石、レアアース、貴金属、石材も生産している。このインダストリーの大企業は、世界規模での採掘から顧客への金属の卸売まで、垂直統合されている。 開示トピックを見る
石油・ガス – 探査と生産
石油・ガス - 探査と生産 (E&P)企業は、石油・ガスバリューチェーンの上流事業を構成する、原油や天然ガスなどのエネルギー製品を探査・抽出・生産する。この業界の企業は、従来型および非従来型の石油・ガス埋蔵量を開発している。これらには、シェールオイル埋蔵量やガス埋蔵量、オイルサンド、ガスハイドレートなどが含まれる。この基準の対象となる活動には、陸上および海中埋蔵量の開発が含まれる。E&Pインダストリーは、 石油・ガスサービス インダストリーと契約を結び、複数のE&P活動を実施し、機器および油田サービスを取得する。 開示トピックを見る
石油・ガス – 中流
石油・ガス - 中流 業界は、天然ガス、原油、精製石油製品の輸送や貯蔵に携わる企業で構成される。天然ガスの中流における活動には、天然ガスの採取、輸送、加工、不純物の除去、天然ガス液の製造、貯蔵、パイプライン輸送、液化天然ガスの出荷・液化・再ガス化などがある。石油事業の中流には、主に原油や精製品を、トラックや鉄道車両、パイプやポンプ場などのネットワークを利用した陸路での輸送、タンカー船やバージ船を利用した海や川からの輸送などがある。バルクステーションやターミナルを運営する企業、貯蔵タンクやパイプラインを製造・設置する企業もこの業界に含まれる。 開示トピックを見る
石油・ガス - 精製・販売
石油・ガス - 精製・販売 (R&M)企業は、石油製品を精製し、石油およびガス製品を販売し、またガソリンスタンドやコンビニエンスストアを運営し、これらはすべて、石油・ガスバリューチェーンの下流事業を構成している。精製製品の種類と原油の投入量によって、精製プロセスの複雑さは異なり、伴ってさまざまな支出ニーズや環境的・社会的影響の程度の違いが生じる。 開示トピックを見る
石油・ガス - サービス
石油・ガスサービス企業は、石油・天然ガスの探鉱・生産(E&P)企業への支援サービスの提供、機器の製造、石油・天然ガス探査・生産(E&P)企業への掘削機の契約などを行う。掘削・掘削支援セグメントは、石油・天然ガスの陸上および海上での掘削を契約ベースで行っている企業で構成される。当セグメントの企業は、ジャッキアップ・リグ、半潜水リグ、ドリルシップの製造も行っている。油田サービス事業は、石油・天然ガスの採掘・貯蔵・輸送に使用される機器を製造している。また、地震調査、機器のレンタル、坑井の固化、坑井モニタリングなどの支援サービスも提供している。これらのサービスは契約ベースで提供されるのが一般的で、顧客はサービスプロバイダーからマテリアルや機器を購入またはリースすることになる。また、サービス企業は、サービスの範囲の一部として、人材や専門知識を提供することもある。石油・ガスサービス企業と顧客との間の契約関係は、サステナビリティのパフォーマンスに重要な影響を与える大きな役割を果たしている。サービス企業は、請求される料金以外にも、操業・安全性、技術・プロセスの提供、評判などを基に競争している。 開示トピックを見る
財務情報セクター 7 Industries
資産管理・保管業務
資産管理・保管業務インダストリーは、機関投資家、個人投資家、および純資産価値の高い投資家向けに、注文または手数料ベースで投資ポートフォリオを管理する企業で構成されている。さらに、このインダストリーの企業は、ウェルスマネジメント、プライベートバンキング、財務計画、投資アドバイザリー、小売証券の仲介サービスを提供しており、投資ポートフォリオと戦略は、株式、債券、ヘッジファンドへの投資など、複数の資産クラスに分散する場合がある。特定の企業はベンチャーキャピタルやプライベートエクイティへの投資を行っている。このインダストリーは、特定の投資目標を達成するために、個人投資家から大規模な機関投資家まで、幅広い顧客を支援する上で不可欠なサービスを提供している。このインダストリーの企業は、幅広い投資可能な商品、戦略、資産クラスを持つ大規模な多国籍アセットマネージャーから、非常に特定の市場ニッチにサービスを提供する小規模なブティック企業まで多岐にわたる。大企業は一般に、サービスに課される管理手数料と優れた投資パフォーマンスを生み出す可能性に基づいて競争するが、中小企業は一般に、多様化のニーズを満たすために個々のクライアント向けの商品とサービスを提供する能力で競争する。2008年の金融危機とそれに続く規制の進展は、顧客に公正な助言を提供し、事業体、ポートフォリオ、および経済全体のレベルでリスクを管理するという点で、このインダストリーの社会的影響を強調している。さらに、資本の配分に対する集合的な影響力を勘案すると、当インダストリーは投資の決定と管理にサステナビリティ要因を組み入れる責任がある。 開示トピックを見る
商業銀行
商業銀行は、個人や法人に対する預金の受け入れや融資を行うとともに、インフラ、不動産やその他プロジェクトに対する融資も行っている。これらのサービスを提供することで、世界経済の機能を維持し、金融資源を最も生産能力の高い場所に移転させるために必要不可欠な役割を果たしている。このインダストリーは、預金量、融資の質、経済環境、金利によって動かされている。さらに、資産と負債の不一致によるリスクを保有するという特徴がある。商業銀行業界を監督する規制環境は、2008年の金融危機をきっかけに大きく変化し、現在も進化を続けている。これらやその他の規制の動向は、株主価値やサステナビリティに関するパフォーマンスに影響を与える可能性がある。グローバルに事業を展開する商業銀行は、特に新規制の一貫した適用という観点から、規制の不確実性を生み出している複数の国・地域での新規制に対処しなければならない。 開示トピックを見る
消費者金融
消費者金融インダストリーは、消費者に融資を行う。インダストリーの最大のセグメントは、クレジットカード商品を通じたリボルビングクレジットローンで構成されている。他の融資サービスには、自動車、マイクロレンディング(少額融資)、および学生ローンが含まれる。インダストリーの一部の企業は、消費者間送金、マネーオーダー、プリペイドデビットカード、決済代行サービスも提供している。インダストリーの業績は、消費者支出、失業率、一人当たりのGDP、所得、人口増加率によって決定される。最近の消費者保護と情報提供の透明性へのシフトは、社会の利益と長期投資家の利益を一致させており、今後も一致させていくであろう。したがって、社会資本を効果的に管理している企業は、財務資本を最大化するのに有利な立場にある。 開示トピックを見る
保険
保険 インダストリーは、従来型保険関連商品と非従来型保険関連商品の両方を提供している。従来型保険商品には、損害保険、生命保険、傷害保険、再保険などがある。非従来型商品には、年金、代替的リスク移転、金融保証などがある。保険インダストリーの企業は、自己勘定投資も行っている。保険会社は一般的に、損害保険などの単一セグメントで事業を展開しているが、中には多角的な事業を展開している大規模な保険会社もある。同様に、保険会社は地理的なセグメンテーションのレベルに基づいて異なる場合がある。大企業は複数の国で保険契約を引き受けている場合もあるが、中小企業は一般的には全国レベル、あるいは地域レベルで事業を展開している。保険料、保険引受収入、投資収益がこのインダストリーの成長を牽引している一方で、保険金の支払いが最も主要なコストであり、利益の不確実性の源泉となっている。保険会社は、経済の健全な機能に必要なリスクの移転、プール、シェアを可能とする商品やサービスを提供している。保険会社は、その商品を通じて、モラルハザードのようなものを生み出し、基礎となる行動やパフォーマンスを改善するインセンティブを低下させ、結果としてサステナビリティへの影響をもたらす可能性がある。他の金融機関と同様に、保険会社も信用や金融市場に関連するリスクに直面している。インダストリー内でクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)による保護や負債証券保険などの非従来型取引や非保険的な取引を行っている企業は、金融市場の動向に対してより脆弱であり、その結果、システミック・リスクを増幅させたり、寄与したりする可能性が高いと規制当局によって指摘されている。このため、保険会社はシステム上重要な金融機関に指定される可能性があり、その結果、規制と監督の強化に晒されることになる。 開示トピックを見る
投資銀行業務および仲介業務
投資銀行業務および仲介業務インダストリーは、資金調達および配分プロセスの支援を含む、資本市場で幅広い機能を実行する企業で構成されており、企業、金融機関、政府、および富裕層にマーケットメイクおよびアドバイザリーサービスを提供する。具体的な活動には、手数料ベースで実施されるファイナンシャルアドバイザリーおよび証券引受サービス、証券および商品の仲介活動(これには、投資家向けのコミッションまたは手数料ベースでの、証券または商品の契約およびオプションの売買が含まれる)、取引および元本投資活動(これには、顧客主導または自己勘定での株式、債券、通貨、商品、およびその他の証券の売買を含む)が含まれる。投資銀行はまた、インフラストラクチャーやその他のプロジェクトのための融資を組成し、証券化する。このインダストリーに属するの企業は、グローバル市場から収益を上げているため、さまざまな規制環境にさらされている。このインダストリーは、システミックリスクをもたらす業務の側面を改革および開示するという規制圧力に引き続き直面している。具体的には、企業は新規の自己資本要件、ストレステスト、自己勘定取引における制限、報酬体系に関する検査の厳格化に直面している。 開示トピックを見る
住宅ローンファイナンス
住宅ローンファイナンス・インダストリーは、消費者が住宅の購入を可能とするために、不可欠な公共財を提供し、全般的な住宅所有率に貢献している。このインダストリーの企業は、不動産を担保として、個人および商業顧客に資本を提供する。主な商品は、住宅・商業用不動産ローンだが、その他の提供するサービスには、住宅ローン貸付管理、タイトル保険(title insurance)、不動産売買・決済サービス、不動産評価が含まれる。また、住宅ローンファイナンス企業は、モーゲッジ・パス・スルー証券や不動産抵当証券(collateralized mortgage obligation)などの、不動産関連投資の所有、管理、融資を行っている。規制環境における最近の傾向は、消費者保護、開示、および説明責任の遵守へと大幅にシフトしている。2008年の住宅ローン危機に対応して可決された法律は、社会の利益と長期投資家の利益が更に整合していく可能性を示している。 開示トピックを見る
証券・商品取引所
証券取引所と商品取引所は、金融証券、コモディティ、またはその他の金融商品を取引する物理的な取引所または電子プラットフォームの形態で市場を運営している。このインダストリーの企業は、主にトレーディング取引や清算取引の手数料や、上場手数料から収益を得ている。手数料をめぐる競争は、より安価な取引や上場サービスを提供する代替取引プラットフォームの出現に伴い、激化の一途をたどっている。規制環境の最近の傾向は、透明性、リスク管理、市場の安定性を重視することを示唆している。新しい政策や市場の変化が社会資本に対するより責任ある管理や強固なガバナンスを奨励するにつれ、財務だけでなくあらゆる形態の資本において取り組める企業は、将来的な株主価値を守るということでより優位に立てるであろう。 開示トピックを見る
食品・飲料セクター 8 Industries
農産物
農産物業界は、野菜や果物の加工、取引、流通、および穀物、砂糖、食用油、トウモロコシ、大豆、動物飼料などの農産物の生産と製粉に従事している。農産物は消費者および企業に直接販売され、消費者製品および工業製品で使用される。この業界の企業は通常、農産物を(直接的または間接的に)栽培する事業体から購入し、付加価値活動(例:処理、取引、流通、製粉)を行う。農産物企業も卸売と流通に関与している。この業界の企業は、多くの国の第三者生産者から農産物の相当量を調達することができる。したがって、サプライチェーン内の持続可能性リスクを管理することは、原材料の信頼できる供給を確保し、長期的な価格上昇と変動のリスクを減らすために重要である。 開示トピックを見る
アルコール飲料
アルコール飲料業界には、ビール、ワイン、酒類などの各種アルコール飲料の醸造、蒸留、製造を行う企業が含まれる。この業界の企業は、砂糖、大麦、トウモロコシなどの農産物を最終的なアルコール飲料に変換する。最大手企業はグローバルに事業を展開しており、多数のブランド製品のポートフォリオを有している。この業界における垂直統合のレベルは、市場ごとに規制が異なるため、様々である。醸造所は一般的に複数の製造施設を持ち、異なる市場へのアクセスを提供しているが、酒造業者や蒸留業者は通常、生産の歴史がある場所に立地している。 開示トピックを見る
食品小売・流通業者
食品小売・流通業者業界は、食品、飲料、および農産物の卸売および小売販売に従事する企業で構成されている。店舗の形式には、小売スーパーマーケット、コンビニエンスストア、倉庫スーパーマーケット、酒屋、ベーカリー、自然食品店、専門食料品店、シーフード店、流通センターなどがある。企業は、一つのタイプの店舗形式に特化しているか、複数の形式を含む施設を持っている場合がある。製品は通常世界中から調達されており、新鮮な肉や農産物、調理済み食品、加工食品、焼き菓子、冷凍食品、缶詰食品、ノンアルコール飲料、アルコール飲料、さまざまな家庭用品やパーソナルケア製品が含まれる。 開示トピックを見る
食肉、鶏肉、乳製品
食肉、鶏肉、乳製品業界は、肉、卵、乳製品を含む生および加工された動物製品を、人間や動物が消費するために生産している。主な活動には、家畜の飼育、屠殺、加工、および容器包装が含まれる。この業界最大の企業は国際的に事業を展開しており、企業は生産される動物の種類に応じて、さまざまな程度で垂直統合されている。この業界の大規模な経営者は、通常、契約または独立農家に動物の供給を依存しており、農家の事業をさまざまな程度に管理している場合がある。この業界は、主に加工食品業界と、完成品をレストラン、家畜、ペット飼料の消費者、食料品店などの主要な最終市場に流通する小売業者に製品を販売している。 開示トピックを見る
ノンアルコール飲料
ノンアルコール飲料業界は、さまざまな炭酸ソフトドリンク、シロップ濃縮物、ジュース、エネルギー飲料、スポーツドリンク、お茶、コーヒー、水製品など、幅広い飲料製品を製造している。この業界は大規模な国際企業によって支配されている。企業はシロップの製造、マーケティング、瓶詰め操作、および流通を行い、大企業は通常、完成品を瓶詰め、販売、流通する業務に垂直に統合されている。 開示トピックを見る
加工食品
加工食品業界には、パン、冷凍食品、スナック食品、ペットフード、調味料などの食品を小売消費者向けに加工・包装する企業が含まれる。通常、これらの製品はすぐに消費できる状態で製造され、小売消費者向けに販売され、食品小売店の棚に並んでいる。この業界は、多くの企業が世界中から原材料を調達しているため、大規模で複雑な原材料サプライチェーンを特徴としている。大企業はグローバルに事業を展開し、国際的な機会が成長の原動力となっている。 開示トピックを見る
レストラン
レストラン業界の企業は、店内外ですぐに食べられるよう、顧客の注文に応じて食事、軽食、飲料を準備する。三つのサブカテゴリに大別すると、レストラン業界には、限定サービスの食事場所、カジュアルなフルサービスの食事場所、および高級なフルサービスの食事場所がある。限定サービスのレストランは、食事の前に注文して支払う顧客にサービスを提供する。ファーストフードレストランは、限定サービスレストランセグメントの最大シェアを占めている。フルサービスのレストランは、より多くのサービスを提供し、主に店内で消費される食品を提供する。通常、より高品質の食品と価格を提供する。 開示トピックを見る
タバコ
タバコ業界は、紙巻タバコ、葉巻、無煙タバコ製品などのタバコ製品を製造する企業で構成されている。多数の大手タバコ企業がグローバルに事業を展開している。企業は、多様な市場で特定のブランドの紙巻タバコを販売する独占権を取得または売却することがある。ほとんどのタバコが独立タバコ栽培家によって栽培されている。かかる栽培家は、一般的に、自己の収穫物をタバコ商人に、または契約に基づき製造業者に販売する。 開示トピックを見る
ヘルスケアセクター 6 Industries
バイオテクノロジー・医薬品
バイオテクノロジー・医薬品インダストリーは、さまざまな先発医薬品やジェネリック医薬品を開発、製造、販売している。このインダストリーの大半は、研究開発、臨床試験段階での断念のリスクの高さ、および規制当局の承認の必要性といった要素に影響を受ける。価格慣行に対する懸念やセクター内の合併により、製品価格の下落圧力が生じている。このインダストリーの製品に対する需要は、人口動態、保険料、疾患のプロファイル、および経済状況によって大きく左右される。 開示トピックを見る
医薬品小売業
医薬品小売業インダストリーは、小売薬局や小売店への供給を担う流通センターを運営する企業で構成される。店舗は企業が所有している場合もあれば、フランチャイズで運営している場合もある。大企業は主に米国内で事業を展開しており、卸売業者や流通業者を通じて医薬品やその他の商品を調達している。このインダストリーの収益の大部分は、処方箋薬や市販薬の消費者向け販売のほか、家庭用品、パーソナルケア用品、一部の食料品の販売から得ている。さらに、薬局小売業セグメントは、様々な小売店においてクリニックを提供することで、健康に焦点を当てたサービスを拡大しており、これはインダストリーのサステナビリティの展望の変化に拍車をかけている。 開示トピックを見る
医療提供
医療提供業界は、病院や診療所などのヘルスケア関連施設を所有・運営している。企業は、入院患者や外来患者のケア、手術、精神衛生、リハビリテーション、臨床検査サービスなど、さまざまなサービスを提供している。医療提供サービスの需要は、主に保険適用率、人口統計、疾病率、傷害率によって左右される。米国医療保険制度改革法(PPACA)により、保険に加入している個人の数は増加したが、この法律の将来動向は依然として不透明である。このインダストリーの特徴は、高い固定人件費と施設コスト、そしてケアコストの削減とアウトカムの改善に対する規制の強化である。また、医療提供企業は、患者や資源において民間、非営利、宗教的ヘルスケアシステムとの熾烈な競争に直面している。 開示トピックを見る
ヘルスケア流通業
ヘルスケア流通企業は、病院、薬局、医師向けに医薬品や医療機器を仕入れ、在庫管理し、販売している。このインダストリーのサービスに対する需要は、主に保険料、医薬品支出、疾病、および人口動態によって左右される。米国患者保護並びに医療費負担適正化法の下での政府管掌保険プログラムへの加入、電子カルテ、およびヘルスケアセクター全体での統合の増加が、このインダストリーの形成に寄与するだろう。ヘルスケアセクターは、コスト削減と効率性の向上の圧力に直面し続けており、これはヘルスケア流通業インダストリーにも影響を与えるだろう。このインダストリーの企業は、薬局、保険者、製造者間の統合やパートナーシップに伴う困難に直面している。 開示トピックを見る
マネジドケア
マネジドケアインダストリーは、個人、商業、メディケア、およびメディケイドの会員向けに健康保険商品を提供している。 企業はまた、自己資金による保険プランの管理サービスと薬剤給付管理へのネットワークアクセスを提供している。マネジドケアへの登録は伝統的に雇用率と相関関係があり、収入は医療費のインフレに左右される。患者保護並びに医療費負担適正化法により、成人の無保険者の割合が減少し、企業のプランに対する追加の需要が生まれた。ただし、法的不確実性とヘルスケアコストの削減に焦点を当てられていることから、価格の下落への圧力が生じ、業界内での統合が引き続き促進される可能性がある。さらに、患者のアウトカムプランのパフォーマンスに焦点を当てることで、このインダストリーのサステナビリティのリスクと機会が形成され続けている。 開示トピックを見る
医療機器・医療用品
医療機器・消耗品インダストリーは、医療、外科、歯科、眼科、および獣医用の機器および器具を研究、開発、および製造している。製品は、病院、診療所、および研究所などの環境で使用され、消耗品から専門性の高い機器まで多岐にわたる。 不健康なライフスタイルに関連する疾患の増加と高齢化は、このインダストリーの成長に影響を与える可能性のある重要な要素である。 新興国市場と米国における健康保険の拡大は、(このインダストリーの)さらなる成長に貢献する。 ただし、政府の保険プログラムの拡張、医療提供者と保険者の統合、およびあらゆる市場における規制当局からのコスト削減の重視により、価格の下落圧力が生じる可能性がある。 開示トピックを見る
インフラストラクチャーセクター 8 Industries
電気事業・発電事業
電気事業・発電事業業界は、発電を行う企業、送配電(T&D)設備を建設、所有および運用する企業、ならびに電気を販売する企業で構成されている。電気事業者は、一般に石炭、天然ガス、原子力、水力、太陽光、風力およびその他の再生可能エネルギーならびに化石燃料を含むさまざまなエネルギー源から発電している。この業界には、規制されたビジネス構造と、規制されていないビジネス構造の両方で事業を営む企業が含まれている。規制の対象となる電気事業者は、規制当局による、価格決定メカニズムや当該事業の許容される株主資本利益率に対する包括的な監督を含む、多種多様な規制を受け入れことと引き換えに、独占事業者として営業する免許を得ている。規制を受けない企業、すなわち市場型電気事業者は、規制の対象となっている電気事業者やその他の最終需要者が参加する卸売市場に販売するために発電を行うIPP事業者であることが多い。さらに、この業界は規制を受ける電力市場と規制が撤廃された電力市場に分類されており、これは、規制を受ける電気事業のバリューチェーンの上流のどこまで及ぶかという問題を抱えている。規制対象市場では、一般的に、発電から当該電力小売に及ぶすべての設備を所有し運営する、垂直統合型の電気事業モデルとなっている。規制のない市場では、一般に、発電事業と配電事業は分離されており、卸売電力市場での競争を促すように設計されている。全体的に、この業界の企業は、人命の保護と環境とのバランスを取りながら、信頼性が高く、利用しやすく、低コストの電力を提供するという相反するような使命が課されている。 開示トピックを見る
エンジニアリング・建設サービス
エンジニアリング・建設サービス業界は、さまざまな建築物やインフラストラクチャープロジェクトを支援するエンジニアリング、建設、設計、コンサルティング、請負その他の関連サービスを提供している。この業界は主に、エンジニアリングサービス、インフラストラクチャー建設、非居住用建物建設および建築下請業者・建設関連専門サービスの4つの主要セグメントで構成されている。インフラストラクチャー建設セグメントには、発電所、ダム、石油・ガスパイプライン、製油所、高速道路、橋、トンネル、鉄道、港湾、空港、廃棄物処理施設、水道ネットワークやスタジアムなどのインフラストラクチャープロジェクトの設計や建設を行う企業が含まれる。非居住用建物建設セグメントには、工場、倉庫、データセンター、オフィス、ホテル、病院、大学、モールのような小売スペースなどの、工業および商業施設の設計や建設を行う企業が含まれる。エンジニアリングサービスセグメントには、上にあげた多くのプロジェクトタイプの設計やフィージビリティスタディの展開など、専門的な建築やエンジニアリングサービスを提供する企業が含まれる。最後に、建築下請業者・建設関連専門サービスセグメントには、大工仕事、電気、配管、塗装、防水、造園、インテリアデザインおよび建物検査などの付随サービスを提供する中小企業が含まれる。この業界の顧客には、公共セクターおよび民間セクターのインフラストラクチャー所有者と開発者が含まれる。この業界の大企業はグローバルに事業を展開し収益をあげており、一般的には複数のセグメントを専門としている。 開示トピックを見る
ガス供給事業・ガス小売事業
ガス供給事業・ガス小売事業業界は、ガス供給会社とガス小売会社から構成される。ガス供給は、各供給地域内において高圧輸送導管から低圧導管を通じて最終利用者に天然ガスを供給することを含む。ガス小売会社は、天然ガスを様々な顧客のニーズに合わせた量に集約し、一般的には他社の供給網を介して配給するガスブローカーである。この業界の中でプロパンガスの供給に関与しているのは比較的少数であるため、この基準は天然ガスの供給に焦点を当てている。どちらのタイプのガスも、家庭用、業務用および工業用の顧客によって暖房や調理に広く使用されている。構造的に規制された市場では、ガス事業者は天然ガスの供給と販売の完全な独占を認められている。規制当局は、その独占的地位の濫用を避けるために、ガス事業者が請求する料金を承認しなければならない。規制緩和市場では、供給と販売が法的に分離され、顧客はどの会社からガスを購入するかを選択することができる。この場合、ガス事業者は供給のみを独占することが保証されており、固定料金ですべてのガスをそのパイプに沿って公平に輸送することが法的に義務付けられている。全体として、この業界の企業には、安全で信頼性の高い低価格のガスを提供する一方で、地域社会の安全やメタン排出などの社会的および環境への影響を効果的に管理することが課せられている。 開示トピックを見る
住宅建設業
住宅建設業界は、新しい住宅や住宅コミュニティを開発する企業で構成されている。 開発の取組みには、通常、土地の取得、用地の準備、住宅の建設および販売が含まれる。この業界の活動の大部分は、一戸建住宅の開発と販売に焦点が当てられ、これは通常、企業が設計した住宅コミュニティの一部である。タウンホーム、コンドミニアム、多世帯住宅および複合用途開発に注力する、より小さいセグメントもある。この業界の多くの企業は、個人の住宅購入者に融資サービスを提供している。この業界は細分化されていて、あらゆる規模のデベロッパーが多数存在し、企業構造や地理的な焦点もさまざまである。上場企業は、多くの非上場住宅建設業者よりも大幅に規模が大きく、より統合されている傾向がある。 開示トピックを見る
不動産
不動産業界は、収入を生む不動産資産を所有、開発し、一般的に、それらを運用する企業で構成されている。この業界の企業は、通例、不動産投資信託(REIT)として組織され、住宅、小売、オフィス、ヘルスケア、工業およびホテル不動産物件を含む、不動産業界内のさまざまなセグメントで事業を行っている。REITは、一般的に、不動産資産の直接所有に重点をおいており、それにより、資産を直接的に所有し管理することなしに不動産エクスポージャーを得る機会を投資家に提供する。REITはしばしば不動産業界の一つのセグメントに集中しているが、多くのREITが複数の不動産物件タイプへの投資を通じて多様化されている。 開示トピックを見る
不動産サービス
不動産サービス業界は、不動産所有者、テナント、投資家および開発業者にさまざまなサービスを提供する企業で構成されている。主たるサービスには、不動産物件の管理、仲介、鑑定評価、および不動産所有者向けの情報サービスが含まれる。不動産物件管理サービスには、リース、テナント向け広報活動、建物の保守管理、および建物の警備が含まれることがある。多数の企業が仲介サービスも提供しており、販売およびリース取引を促進している。鑑定評価およびその他のアドバイザリーまたは情報サービスは、広く顧客に提供されるその他の専門サービスである。この業界の企業は、世界経済の重要な部分である不動産バリューチェーンにおいて重要な役割を果たしている。 開示トピックを見る
廃棄物管理
廃棄物管理事業業界には、住宅用、商業用および工業用顧客からのさまざまな形の廃棄物を収集、保管、処分、リサイクルまたは処理する企業が含まれる。廃棄物のタイプには、地方自治体の固形廃棄物、有害廃棄物、リサイクル可能なマテリアル、および堆肥化可能あるいは有機材料が含まれる。主要企業は一般的に垂直統合されており、廃棄物収集、埋立からリサイクルまでの幅広いサービスを提供する一方、他の企業は医療廃棄物処理や産業廃棄物処理などの専門サービスを提供している。廃棄物発電事業は、異なる産業セグメントである。特定の業界の企業はまた、環境工学およびコンサルティングサービスを、主に大規模な工業用顧客に提供している。 開示トピックを見る
水道事業・水道サービス事業
水道事業・水道サービス事業業界に属する企業は、給排水処理システム(一般的に、規制公益事業として構成される)の所有および運営、あるいはシステム所有者(通常は市場ベースでの運営)に運用サービスおよびその他の専門的な水道サービスを提供している。給水システムには、水の調達、処理、および住居・企業や政府など他の事業体への配水が含まれる。排水システムは、下水、汚水、産業廃水や雨水流出を含む排水を集めて処理した後で、自然界に放出することになる。 開示トピックを見る
再生可能資源と代替エネルギー セクター 6 Industries
バイオ燃料
バイオ燃料産業は、バイオ燃料を生産し、生産のために原材料を処理する企業から構成される。バイオ燃料は、有機原料を使用して製造され、輸送燃料として主に使用される。企業は通常原料を調達し、農産物販売業者から食料、油糧作物、および動物製品を含む。エタノールおよびバイオディーゼルはバイオ燃料から最も多く生産され、その他の種類にはバイオガス、バイオ水素、および合成バイオ燃料が含まれ、多くの有機原料から生産されている。バイオ燃料企業の顧客は主に燃料混合および燃料供給企業であり、主要な総合石油会社を含む。バイオ燃料は世界中で生産されているが、バイオ燃料産業で上条している企業は主に米国で活動しており、数社は外国、とりわけインド、ブラジル、および韓国で小規模な運営をしている。再生可能燃料の利用に関する政府の規制は、この産業の大きな需要要因である。 開示トピックを見る
林業経営
林業経営業界は、天然林および人工林を所有や管理する企業、育林業、または非小売りの苗床とゴム農園を運営する企業で構成される。この業界は、会社所有または公的または私有地主からリース可能な土地で事業を行っている。企業は通常、木材製品の製造業者、パルプおよび紙の生産者、エネルギー生産者、その他のさまざまな顧客に木材を販売している。業界最大の企業は、主に米国とカナダで事業を行い、本拠地を置いている。ブラジルやニュージーランドを含む国際的な事業を展開している企業もある。一部の統合企業は製材所、木製品施設、またはパルプおよび紙施設を運営している場合もある、これらの活動から生じるサステナビリティの問題は、SASBの建築・内装資材(CG-BP)およびパルプ・紙製品(RR-PP)業界基準で対処される。 開示トピックを見る
燃料電池と産業用電池
燃料電池と産業用電池業界は、エネルギー生産用の燃料電池や電池などのエネルギー貯蔵機器を製造する企業で構成されている。この業界のメーカーは主に、商業用のビジネス運用から公益事業のための大規模なエネルギープロジェクトまで、様々なエネルギー生成やエネルギー貯蔵のアプリケーションやインテンシティのための製品を企業に販売している。この業界の企業は通常、グローバルに事業を展開しており、グローバル市場に製品を販売している。 開示トピックを見る
パルプ・紙製品
パルプ・紙製品業界は、パルプ繊維、容器包装紙、衛生用紙、事務用紙、新聞用紙、工業用紙など、様々な木材パルプ・紙製品を製造している企業で構成されている。この業界の企業は一般的に企業間取引として機能し、米国、カナダ、ブラジルなど複数の国で事業を展開している場合もある。統合企業の中には、木材地を所有または管理し、森林管理に従事している企業もあるが、これらの活動から生じるサステナビリティの問題は、SASBの林業経営(RR-FM)の業界基準で取り上げられている。 開示トピックを見る
太陽光技術とプロジェクト開発事業者
太陽光技術とプロジェクト開発事業者業界は、太陽光発電(PV)モジュール、ポリシリコン原料、太陽熱発電システム、ソーラーインバーター、およびその他の関連構成要素を含む太陽光エネルギー機器を製造する企業で構成される。企業はまた、太陽光エネルギープロジェクトを開発、構築、管理し、顧客に融資または保守サービスを提供する場合もある。この業界では、PVと太陽光発電(CSP)の2つの主要な技術が利用されている。太陽光発電内には、結晶シリコンベースの太陽光発電とセレン化銅インジウムガリウムとテルル化カドミウムを使用して作られたパネルを含む薄膜太陽光発電の2つの主要な技術がある。ソーラーパネルの主な市場は、住宅用、非住宅用(商業および工業用)、および公共事業規模のプロジェクトである。業界の企業はグローバルに事業を展開している。 開示トピックを見る
風力技術とプロジェクト開発者
風力技術とプロジェクト開発者業界は、風力タービン、ブレード、タワー、および風力発電システムの他の構成要素を製造する企業で構成されている。風力エネルギープロジェクトを開発、構築、管理する企業もこの業界の範囲に含まれる。メーカーは、販売後のメンテナンスおよびサポートサービスも提供する場合がある。タービンは陸上または沖合に設置できる。これにより、風力発電能力に違いが生じ、設置の種類ごとにプロジェクト開発に課題が生じる可能性がある。ほとんどの主要な風力技術企業はグローバルに事業を展開している。 開示トピックを見る
資源の変換セクター 5 Industries
航空宇宙・防衛
航空宇宙・防衛業界の企業には、民間航空機、航空機部品、航空宇宙・防衛製品の製造業者、ならびに防衛の主要請負業者が含まれる。民間航空機メーカーは、業界収益の約4分の1を占め、主に民間航空会社と政府に販売している。航空宇宙・防衛部品メーカーは、主に政府に販売するし、総収益でこの業界の最大のセグメントを表している 。航空宇宙産業業界と防衛産業業界の両方がグローバルに事業を展開し、グローバルな顧客基盤にサービスを提供している。防衛プライムは、総産業業界収益の約4分の1を占め、軍用機、宇宙船、ミサイルシステム、弾薬、小火器、海軍艦艇、その他の商用および軍用車両を含む製品を製造している。当該の企業の顧客は、各様々な政府機関とグローバルに事業を展開している関連企業で構成されている。防衛プライムカテゴリには、法執行機関、企業、流通業者、小売業者、消費者に販売する銃器メーカーも含まれる。業界内の主要なサステナビリティ トピックには、製品のエネルギー効率と排出プロファイル、製造エネルギーと廃棄物の管理が含まれる。 開示トピックを見る
化学品
化学品業界の企業は、有機および無機原料を、工業、製薬、農業、住宅、自動車、および消費者向けのさまざまな用途で、70,000以上の多様な製品に変えている。この業界は通常、基本的な(商品)化学品、農業用化学品、および特殊化学品に分類される。量産で最大のセグメントである基礎化学品には、バルクポリマー、石油化学製品、無機化学製品、およびその他の工業用化学製品が含まれる。農業用化学品には、肥料、農薬、農業バイオテクノロジーなどが含まれる。特殊化学品には、塗料やコーティング、農薬、シーラント、接着剤、染料、工業用ガス、樹脂、触媒などが含まれる。大企業は基本化学品、農薬用化学品、特殊化学品を生産する場合があるが、ほとんどの企業は専門的である。化学品会社は通常、製品をグローバルに製造・販売している。 開示トピックを見る
容器・包装
容器・包装インダストリーは、金属、プラスチック、紙、ガラスなどの原材料を半製品または完成品の包装製品に変換している。企業は、段ボール包装、食品や飲料容器、家庭用品のボトル、アルミ缶、スチールドラム、その他の形態の包装など、幅広い製品を製造している。業界の企業は一般的に、企業間事業体として機能し、多くはグローバルに事業を展開している。 開示トピックを見る
電気電子機器
電気電子機器インダストリーは、発電設備、エネルギー変圧器、電気モーター、配電盤、自動化設備、冷暖房設備、照明、送電ケーブルなど、幅広い電気部品を開発および製造する企業で構成されている。これらには、暖房、換気、空調(HVAC)システム、照明器具、セキュリティ装置、エレベーターなどの非構造の商業・住宅建築設備、電力設備、発電および送電設備、再生可能エネルギー機器、産業オートメーション制御、測定器、産業用に使用される電気部品(コイル、ワイヤー、ケーブルなど)が含まれる。この成熟した競争の激しいインダストリーの企業はグローバルに事業を展開しており、通常、本拠地の国外から収益の相当部分を生み出している。 開示トピックを見る
産業機械・生産財
産業機械・生産財業界は、建設、農業、エネルギー、公益事業、鉱業、製造、自動車、及び運輸を含むさまざまな業界向けの機器を製造している。製品には、エンジン、地ならし機、トラック、トラクター、船舶、工業用ポンプ、機関車、およびタービンが含まれる。機械製造業者は、生産のために大量の原材料を用いる。このような原材料(マテリアル)には、鋼、プラスチック、ゴム、塗料、およびガラスが含まれる。製造業者は、最終組み立ての前に機械加工や鋳造も実施することがある。業界内の需要は工業生産と密接に関係しており、その一方で、政府の排出量基準と顧客の要求が、エネルギー効率を改善し、使用時の大気排出を制限するためのイノベーションを促している。 開示トピックを見る
サービスセクター 7 Industries
広告・マーケティング
この 業界は、メディア、ディスプレイ、ダイレクトメール広告、および市場調査を含む関連サービスで使用する広告キャンペーンを作成する企業で構成されている。広告およびマーケティング会社は、主に消費者向けの製品、エンターテインメント、金融サービス、テクノロジー製品、およびテレコミュニケーションサービスを提供することに従事している。大手広告会社は持株会社として構成され、カスタムパブリッシング、ブランドコンサルタント、モバイルおよびオンラインマーケティング、広報などの幅広いサービスを提供する複数の代理店を世界中に所有している。どの広告キャンペーンでも、同じ会社がグラフィックアートとコンテンツの作成からデータ分析、マーケティング調査、メディアの計画と購入に至るまで、あらゆる側面に携わっている場合もあれば、特定の側面のみを担当している場合もある。 開示トピックを見る
カジノ・ゲーム
公営のカジノ・ゲーム会社は、実店舗のカジノ、リバーボートカジノ、オンライン賭博のウェブサイト、競馬場などの賭博施設やプラットフォームを運営している。米国のより広範な業界は、非公開のネイティブアメリカンのカジノによって支配されており、公開されているカジノを大幅に上回っている。ネイティブアメリカンのカジノは一般的に部族によって所有および運営されているが、商業カジノの運営者または他の管理会社によって管理される場合もある。この業界は、新規事業者の参入障壁となる高レベルの規制監督を特徴としている。この業界の規制は世界各地で大きく異なるが、米国の州の半分未満が何らかの形で商業カジノを合法化している。 開示トピックを見る
教育
教育業界には、利益を追求し、学生の学費から収入を得る教育機関が含まれる。初等・中等教育レベルでは、主に教育管理組織(EMOs)と一部の企業が含まれる。第三次(またはそれ以上)レベルでは、短期大学、ビジネススクール、秘書学校、カレッジ、大学、医学、薬学、獣医学プログラムを含む専門学校などの施設で、フルタイム、パートタイム、通信教育、臨時的にサービスが提供されている。営利目的の大学では、オンラインでコースを受講する学生が増えている。 開示トピックを見る
ホテル・宿泊施設
ホテル・宿泊施設業界は、ホテル、モーテル、旅館など、宿泊施設を提供する企業で構成されている。主に大規模なホテルチェーンで構成される競争の激しい業界であり、顧客はサービスの品質と一貫性、場所の可用性、価格、ロイヤルティプログラムの提供など、さまざまな要因に基づいて購入を決定する。事業は、多くの場合、客室の賃貸料や食品・飲料の販売などのホテルサービスからの直接収入、施設管理からの手数料収入を伴う管理サービスやフランチャイズサービス、住宅ユニットの販売からの収入を伴うバケーション住宅の所有権の中から一つ以上の方法で構成される。 開示トピックを見る
レジャー施設
この 業界は、娯楽施設およびサービス、観光施設およびサービス、ならびにレクリエーション施設およびサービスを運営する企業で構成されている。この 業界の企業は、遊園地、映画館、スキー場、スポーツスタジアム、ならびに運動クラブおよびその他の運動競技場を運営している。レジャー施設企業は、主に、さまざまな場所で年間数百万人の来客および顧客にライブ、デジタル、またはインタラクティブエンターテインメントのいずれか 一つを提供することによって収益を生み出している。 開示トピックを見る
メディア&エンターテイメント
メディア&エンターテイメント企業は、コンテンツを制作し、ケーブルもしくは放送媒体を介してコンテンツを配信する権利を取得する。かかるコンテンツには、エンターテインメント番組、ニュース、音楽、および子供向けのの番組が含まれる。この業界の企業は、書籍、新聞、および定期刊行物の出版、ならびに放送ラジオおよび地方テレビ番組の公開も行う。 開示トピックを見る
プロフェッショナルサービスおよび商業サービス
この 業界には、従業員固有のスキルと知識に頼り、様々なクライアントにサービスを提供する企業が含まれる。多くの場合、個人またはチームがクライアントへのサービス提供を担当する。提供されるサービスには、人材派遣やエグゼクティブサーチなどの経営・管理コンサルティングサービス、法律・会計・税務準備サービス、財務・非財務情報サービスなどが含まれるが、これらに限定されず、法律、会計、税務準備サービス、財務・非財務情報サービスなどが含まれる。非金融情報サービス会社は、エネルギー、ヘルスケア、不動産、テクノロジー、科学などのトピックに特化している。金融情報サービス会社には、信用機関や格付け機関のほか、データやポートフォリオ分析のプロバイダーも含まれる。専門的・商業的サービス・プロバイダーの顧客には、民間・公共の営利機関や非営利団体が含まれる。 開示トピックを見る
テクノロジー&コミュニケーションセクター 6 Industries
電子機器受託製造サービス(EMS) 及び委託者ブランドによる製品設計・製造(ODM)
電子機器製造受託サービス(EMS)および開発製造受託(ODM)を行う企業は、2つの主要なセグメントで構成されている。EMS企業は、オリジナル機器メーカーに、組立、ロジスティクス、アフターサービスを提供している。業界のODMセグメントは、オリジナル機器メーカーにエンジニアリングおよび設計サービスを提供しており、重要な知的財産を所有している場合がある。EMSとODMを行う企業は、さまざまな分野の機器を製造しているが、業界はハードウェア業界と密接に関連しており、パーソナルコンピューター、家庭用電子機器、個人消費者や法人向けの 記憶装置などのテクノロジーハードウェア製品を設計する会社で構成されている。 開示トピックを見る
ハードウェア
ハードウェア業界は、コンピュータ、家庭用電気機器、通信機器、記憶装置、構成要素、周辺機器などの技術ハードウェア製品を設計・販売する企業で構成されている。この業界の多くの企業は、製造サービスのために電子機器受託製造サービス(EMS) 及び委託者ブランドによる製品設計・製造(ODM)業界に大きく依存している。この業界は、特に新興市場の消費者を中心に、テクノロジーの利用が急速に拡大していることから、今後も成長が期待される。 開示トピックを見る
インターネットメディアおよびサービス
インターネットメディアおよびサービス業界は2つの主要なセグメントで構成されている。インターネットメディアセグメントには、検索エンジンとインターネット広告チャネル、オンラインゲーム、ソーシャルネットワークなどのオンラインコミュニティを提供する企業だけでなく、通常、教育、医療、健康、スポーツ、ニュースなどのコンテンツを簡単に検索できるコンテンツが含まれる。インターネットベースのサービスセグメントには、主にインターネットを介してサービスを販売する企業が含まれる。このインダストリーは、主に通常は無料コンテンツ上のオンライン広告から収益を生み出し、その他の収益源は、サブスクリプション料、コンテンツ販売、または関心のある第三者への利用者情報の販売である。 開示トピックを見る
半導体
半導体業界には、半導体デバイス、集積回路、それらの原材料やコンポーネントまたは資本設備を設計ないし製造する企業が含まれる。この業界には、半導体デバイスの設計者のために、委託製造、組立てやその他のサービスを提供している企業がある。 開示トピックを見る
ソフトウェアおよびITサービス
ソフトウェアおよび情報技術(IT)サービスインダストリーは、小売、ビジネス、および政府の顧客に製品とサービスをグローバルに提供しており、アプリケーションソフトウェア、インフラストラクチャソフトウェア、およびミドルウェアの開発と販売に携わる企業が含まれる。このインダストリーは一般的に競争が激しいが、一部のセグメントでは支配的なプレーヤーがいる。このインダストリーは比較的未成熟だが、イノベーションに重点を置き、人的資本と知的資本に依存する高成長企業が特徴である。このインダストリーには、コンサルティングやアウトソーシングサービスなどの専門的なIT機能を提供するITサービス企業も含まれる。新しいインダストリーのビジネスモデルには、クラウドコンピューティング、サービスとしてのソフトウェア、仮想化、マシン間通信、ビッグデータ分析、機械学習が含まれる。さらに、ブランド価値は、このインダストリーの企業がネットワーク効果を拡大して達成するための鍵であり、それによって特定のソフトウェア製品の幅広い採用が売上の自己永続的な成長につながる。 開示トピックを見る
電気通信サービス
電気通信サービスインダストリーは、無線および有線の電気通信会社と、ケーブル放送および衛星サービスを提供する会社で構成されている。無線サービスセグメントは、無線ベースのセルラー方式ネットワークを介した直接通信を提供し、関連するスイッチおよびトランスミッション設備を運営および保守している。有線セグメントは、公衆交換電話網(PSTN)を介してローカルおよび長距離の音声通信を提供している。また有線通信事業者は、拡大する光ファイバーケーブルのネットワーク上で、Voice over Internet Protocol(VoIP)電話、テレビ、およびブロードバンドインターネットサービスを提供している。ケーブル放送プロバイダーは、サービス加入者に向けてケーブルネットワークからテレビ番組を配信している。また一般にビデオ視聴、高速インターネットおよびVoIPサービスも消費者に提供している。これらのサービスは従来から抱き合わせてパッケージ化されており、加入会員に個別サービスより支払いやすい料金オプションを提供している。衛星会社は、地球を周回する衛星や地上局を通じてテレビ番組を配信している。これらの企業は主に国内市場の顧客にサービスを提供しているが、一部の企業は複数の国で事業を展開している。 開示トピックを見る
運輸セクター 9 Industries
航空貨物・物流
航空貨物・物流会社は、企業と個人の両方に貨物サービスと輸送物流を提供している。3つの主要なインダストリーセグメントがある。航空貨物、郵便および宅配便、輸送物流サービスである。このインダストリーの企業は、そのうち一つ以上のセグメントから収益を上げ、アセットを保有しないものから多くのアセットを保有するものまでさまざまである。輸送物流サービスには、道路、鉄道、海上、航空の運送会社と契約して適切な輸送手段を選択し、手配することが含まれる。サービスには、通関、流通管理、ベンダー統合、貨物保険、注文管理、カスタマイズされた物流情報も含まれる。このインダストリーは世界貿易の鍵であり、需要に一定程度の安定を付与している。 開示トピックを見る
エアライン
エアラインインダストリーは、レジャーとビジネスの両方の目的で乗客にグローバルな航空輸送を提供する企業で構成される。これには、商業用のフルサービスエアライン、低コストエアライン、地域エアラインが含まれる。フルサービスエアライン社は、一般的にハブアンドスポークモデルを使用し、国内および国際的なルートを設計している。低コストエアラインは、通常、より少ない路線数で、顧客にシンプルなサービスを提供する。地域キャリアは、通常、フルサービスキャリアとの契約の下で運営され、より大規模なキャリアのネットワークを拡張している。また、多くのエアラインは貨物部門も所有し、追加の収益を得ている。エアラインインダストリーでは、ネットワークの規模を拡大するために、企業がパートナーシップを結んだり、アライアンスに参加したりすることが一般的である。アライアンスとして運営することで、エアラインは、顧客に、1 枚の航空券で複数の航空会社にまたがった国際線やサービスが不十分な旅程へのアクセスを提供することができる。同時に、航空会社は間接費をある程度分担し、自国外の国で操業することなく、グローバル市場での競争力を高めている。 開示トピックを見る
自動車部品
自動車部品インダストリーの企業は、車両部品とアクセサリーをオリジナル機器メーカー(OEM)に供給している。自動車部品会社は、通常、エンジン排気システム、代替ドライブトレイン、ハイブリッドシステム、触媒コンバーター、アルミホイール(リム)、タイヤ、バックミラー、車載電気および電子機器など、特定の部品または付属品の製造と組み立てを専門としている。より大きな自動車インダストリーには、自動車の組み立てに使用される部品と原材料(マテリアル)を提供するサプライヤーのいくつかの層が含まれるが、SASBの自動車部品業界の範囲には、部品をOEMに直接供給するTier 1のサプライヤーのみが含まれる。このインダストリーの範囲には、OEMが所有および運営するエンジンやプレス設備などの自社サプライヤーは含まれない。同様に、自動車部品インダストリーにインプットを提供するTier 2サプライヤーは除外される。 開示トピックを見る
自動車
自動車インダストリーには、乗用車、軽トラック、モーターサイクルを製造する会社が含まれる。インダストリープレーヤーは、さまざまな従来燃料、代替燃料、パワートレインを使用して走行する車両を設計、製造、販売している。これらの車両を消費者向け小売販売のためにディーラーに販売するだけでなく、レンタカーカーやリース会社、商用輸送機器、政府などに直接販売している。 このインダストリーのグローバルな特性により、ほぼすべての企業が世界中の複数の国に製造施設、組立工場、サービス拠点を保有している。自動車インダストリーは一部の大手メーカーと多様なサプライチェーンへの集中度が高い。このインダストリーが天然資源に依存し、景気の影響を受けやすいことを考えると、収益もおおむね周期的である。 開示トピックを見る
レンタカー・カーリース
このインダストリーの企業は、顧客に乗用車のレンタルやリースを行う。レンタカーは通常1ヶ月未満、リースは1年以上の期間である。このインダストリーには、レンタルが時間単位で測定され、一般的にサブスクリプション料金が含まれるカーシェアリングのビジネスモデルが含まれる。レンタカー会社は、ビジネスやレジャーの旅行者にサービスを提供する空港周辺と、修理工場や週末のレンタルを提供する市街地周辺で運営している。業界は集中しており、フランチャイズモデルを使用してグローバルに事業展開するいくつかの支配的な市場プレーヤーがいる。主要な大都市圏における公共交通機関やライドシェアリングサービスの成長は、顧客がレンタカーではなく、送迎サービスや公共交通機関の利用を選択した場合、レンタカー・カーリース業界の長期的な収益性への脅威となる可能性がある。 開示トピックを見る
クルーズライン
クルーズライン(船旅会社)業界は、深海クルーズやリバークルーズなどの旅客輸送やレジャーエンターテイメントを提供する企業で構成されている。この業界は少数の大企業に支配されている。クルーズは、一度に何千人もの乗客に贅沢なリゾート体験を提供することを目的としている。クルーズライン業界は旅行業界において最も急成長するセグメントであることがしばしばだが、非常に循環的である。 開示トピックを見る
海運
海運インダストリーは、深海、沿岸水路、河川などにおける貨物輸送サービスを提供する企業で構成される。国際貿易における戦略的な重要性があり、その収益はマクロ経済のサイクルと結び付きがある。主な活動には、消費財やさまざまな商品を含むコンテナ貨物やバルク貨物の輸送、タンカーによる化学物質や石油製品の輸送などがある。 世界規模のインダストリーであることから、企業は多くの国で、多様な法的また規制の枠組みの下で事業を行っている。 開示トピックを見る
鉄道輸送
鉄道輸送インダストリーは、鉄道貨物輸送とサポートサービスを提供する企業で構成されている。主な活動には、消費財や商品などを含むコンテナ貨物やバラ積み貨物の輸送が含まれる。鉄道会社は通常、鉄道網を所有、維持、運用していて、多額の設備投資が必要である。米国は世界で最も長い鉄道網を運営しており、ロシア、中国、インド、カナダ、ドイツ、フランスがこれに続いている。このインダストリーは、より高密度のネットワーク効果を発揮しており、自然な独占状態に向かっている。これは、鉄道インフラストラクチャーの巨額の埋没費用と相まって、このインダストリーの既存企業に競争上の優位性をもたらし、新規企業の参入障壁を作り出している。 開示トピックを見る
陸運
道路交通インダストリーは、長距離および短距離の貨物トラックサービスを提供する会社で構成されている。主な活動は、消費財や多種多様な商品を含むコンテナ貨物やバルク貨物の輸送である。一般的に、この産業はトラック輸送量(一人の顧客の商品だけを運ぶ車両)とトラック輸送量以下(複数の顧客の商品を運ぶ車両)の2つに分類される。比較的参入が容易なオーナーオペレーターが業界の大部分を占めており、少数の大規模オペレーターが大手荷主との契約を通じて市場シェアを維持している。大企業は所有する輸送隊を補完するためにオーナーオペレーターと下請契約を締結する場合が多い。 開示トピックを見る