おもちゃ・スポーツ用品

Select Language
Current language: 日本語
おもちゃ・スポーツ用品業界は、レジャー製品を製造する二つの異なるセグメントで構成されている。おもちゃやゲームを製造する会社と、自転車、ゴルフクラブ、フィットネス機器、その他の同様の製品などのスポーツ用品や運動競技用品を製造する会社である。この業界の企業は、主に小売店を通じて消費者に製品を販売している。統合生産のレベルは、業界のセグメント間およびセグメント内で異なる。主な製造拠点はアジアであり、中国が生産の大部分を占めている。

関連問題 (二 の 二十六)

いくつかの問題がグレーアウト表示されている理由 SASB基準は産業内の異なる持続可能性リスクと機会により産業ごとに異なります。灰色で示されている問題は基準設定プロセスの際、企業価値に影響を与える可能性が最も高いものとして認識されなかったため、基準には含まれていません。時とともにSASB基準理事会が市場のフィードバックを受け取るにつれ、いくつかの問題が基準に追加され、あるいは 基準から削除されることがあります。各会社は、持続可能性問題がその会社の企業価値を作り出す能力に影響するかどうかにつき、自ら決定します。この基準は産業内の典型的な会社を対象として設計されていますが、それぞれの会社は、各社独自のビジネスモデルに基づき異なる持続可能性問題について報告することを選択できます。

開示トピック

一般問題カテゴリと開示トピックの関係はどのようなものですか? 一般問題カテゴリは、各SASB基準に出てくる開示トピックの産業非依存性版です。開示トピックは、一般問題カテゴリの産業特異的な影響を表しています。産業特異的開示トピックは、各SASB基準が産業に合ったものであるようにし、一方一般問題カテゴリは産業全体に渡る比較ができるようにします。例えば、健康と栄養はノンアルコール飲料産業における開示トピックで、顧客福祉という一般的問題に対する産業特異的対策を表しています。しかし、顧客福祉という問題は、バイオテクノロジー・医薬品産業では、偽薬開示トピックとして表されます。
一般問題カテゴリ
(産業非依存性)

開示トピック (産業特異的) に対し: おもちゃ・スポーツ用品

製品の品質と安全性
  • 製品の化学的および安全上の問題

    消費者と規制当局は、おもちゃ・スポーツ用品業界がその製品が安全で害を及ぼさないことを保証することを期待している。製品に、設計、またはサプライチェーンの監視が不十分な結果として特定の化学物質が含まれていると、子供の発達と健康に慢性的な影響を与える可能性がある。欠陥がある、または設計が不十分な製品は、窒息、火災、またはその他の危険をもたらし、怪我や死亡につながる可能性がある。おもちゃ・スポーツ用品業界は、製品の安全性に関する規制の対象となっている。特におもちゃセグメントは子供を保護するために厳しく規制されており、特定の化学物質の安全性に関する科学の発展により、制限が追加される可能性がある。消費者にとって安全な製品を作成しなければ、新たな規制の監視を引き起こし、企業の社会的営業許可に影響を与える可能性がある。さらに、不適切な製品安全試験または評価は、高額なリコール、訴訟、または販売に影響を与える風評被害につながる可能性がある。設計段階と製造段階の両方で特定の化学物質の使用を管理し、他の化学物質を排除するおもちゃ・スポーツ用品企業は、化学物質の安全性に関連するリスクをより適切に軽減できる。
サプライチェーン管理
  • サプライチェーンにおける労働状態

    当該業界の製造サプライチェーンにおける労働者の扱いと労働条件は、消費者、規制当局、および企業にとってますます懸念されている。労働問題には、労働者の健康と安全基準、報酬、労働時間、差別と強制労働に関連するリスクが含まれる。当該業界は、労働基準、労働保護、規制の施行が弱く、違反が横行している新興市場での第三者製造に依存しているため、これらの問題にさらされている。また、企業は、多数のサプライヤーと契約しており、透明性に関して複雑さと課題がさらに増している。労働条件の管理に失敗した場合、供給の混乱、風評被害、安全性や労働事件の注目度の高まりに対応した規制や施行の強化、ストライキや作業停止、消費者の需要の変化につながる可能性がある。玩具およびスポーツ用品企業はますます、監査、パートナーシップ、および監視の強化を通じたサプライヤーとの関わりを深めており、サプライヤーが労働問題に先んじてより迅速に対応できるようにしている。この問題を効果的に管理する企業は、ブランド価値を保護し、資本コストを削減することができる。

産業を4つまで選択

現在の 産業を: おもちゃ・スポーツ用品

消費財セクター
採掘・鉱物加工セクター
財務情報セクター
食品・飲料セクター
ヘルスケアセクター
インフラストラクチャーセクター
再生可能資源と代替エネルギー セクター
資源の変換セクター
サービスセクター
テクノロジー&コミュニケーションセクター
運輸セクター