化学品

Select Language
Current language: 日本語
化学品業界の企業は、有機および無機原料を、工業、製薬、農業、住宅、自動車、および消費者向けのさまざまな用途で、70,000以上の多様な製品に変えている。この業界は通常、基本的な(商品)化学品、農業用化学品、および特殊化学品に分類される。量産で最大のセグメントである基礎化学品には、バルクポリマー、石油化学製品、無機化学製品、およびその他の工業用化学製品が含まれる。農業用化学品には、肥料、農薬、農業バイオテクノロジーなどが含まれる。特殊化学品には、塗料やコーティング、農薬、シーラント、接着剤、染料、工業用ガス、樹脂、触媒などが含まれる。大企業は基本化学品、農薬用化学品、特殊化学品を生産する場合があるが、ほとんどの企業は専門的である。化学品会社は通常、製品をグローバルに製造・販売している。

関連問題 (十 の 二十六)

いくつかの問題がグレーアウト表示されている理由 SASB基準は産業内の異なる持続可能性リスクと機会により産業ごとに異なります。灰色で示されている問題は基準設定プロセスの際、企業価値に影響を与える可能性が最も高いものとして認識されなかったため、基準には含まれていません。時とともにSASB基準理事会が市場のフィードバックを受け取るにつれ、いくつかの問題が基準に追加され、あるいは 基準から削除されることがあります。各会社は、持続可能性問題がその会社の企業価値を作り出す能力に影響するかどうかにつき、自ら決定します。この基準は産業内の典型的な会社を対象として設計されていますが、それぞれの会社は、各社独自のビジネスモデルに基づき異なる持続可能性問題について報告することを選択できます。

開示トピック

一般問題カテゴリと開示トピックの関係はどのようなものですか? 一般問題カテゴリは、各SASB基準に出てくる開示トピックの産業非依存性版です。開示トピックは、一般問題カテゴリの産業特異的な影響を表しています。産業特異的開示トピックは、各SASB基準が産業に合ったものであるようにし、一方一般問題カテゴリは産業全体に渡る比較ができるようにします。例えば、健康と栄養はノンアルコール飲料産業における開示トピックで、顧客福祉という一般的問題に対する産業特異的対策を表しています。しかし、顧客福祉という問題は、バイオテクノロジー・医薬品産業では、偽薬開示トピックとして表されます。
一般問題カテゴリ
(産業非依存性)

開示トピック (産業特異的) に対し: 化学品

GHG排出
  • 温室効果ガス排出量

    化学品の製造では、製造プロセスおよびコジェネレーションプロセスにおける化石燃料の燃焼からの直接(スコープ1)温室効果ガス(GHG)排出、および原料の化学変換からのプロセス排出が行われる。GHG排出量は、化学品企業に規制遵守コストまたは罰則と運用リスクをもたらす可能性がある。ただし、結果として生じる財務上の影響は、排出量の大きさと一般的な排出規制によって異なる。各国が排出量を制限または削減しようとするにつれ、この業界はますます厳格な規制を受ける可能性がある。エネルギー効率の向上、代替燃料の使用、または製造プロセスの進歩を通じてGHG排出量を費用対効果の高い方法で管理する企業は、他の経済的利益の中でもとりわけ、運用効率の向上と規制リスクの低減から恩恵を受けることができる。
大気質
  • 大気質

    温室効果ガス(GHG)に加えて、化学品の製造は、二酸化硫黄(SOx)、窒素酸化物(NOx)、および有害大気汚染物質(HAP)を含む、大気放出を引き起こす可能性がある。GHGと同様に、これらの放出は通常、燃料の燃焼と原料の処理に起因する。他の業界に比べて、化学品業界は、これらの排出のいくつかの重要な発生源である。企業は、運用コスト、規制順守コスト、非準拠の場合の規制ペナルティ、排出量管理に関連する設備投資に直面する。ただし、関連する財務上の影響は、排出量と一般的な規制によって異なる。そのため、技術プロセスの改善やその他の戦略を通じて問題を積極的に管理することで、そのような影響を緩和し、財務実績を改善し、ブランド価値を高めることができる。
エネルギー管理
  • エネルギー管理

    化学品の製造は通常エネルギー集約型であり、エネルギーは処理装置、熱電供給プラント、コージェネレーションプラント、機械、非製造施設に使用される。使用されるエネルギーの種類、消費の大きさ、およびエネルギー管理戦略は、製造される製品の種類によって異なる。通常、天然ガスや液体天然ガスなどの化石燃料は、非原料エネルギーの主な形態であるが、購入した電力も大きな割合を占める場合がある。したがって、エネルギー購入は、生産コストのかなりの部分を占める可能性がある。企業のエネルギーミックスには、現場で生成されたエネルギー、購入した系統電力と化石燃料、再生可能エネルギーと代替エネルギーが含まれる場合がある。このようなエネルギー源の使用におけるトレードオフには、コスト、供給の信頼性、関連する水の使用と大気への排出、規制の遵守とリスクが含まれる。そのため、企業のエネルギー集約度とエネルギー調達の決定は、時間の経過とともに業務効率とリスクプロファイルに影響を与える可能性がある。
水及び下水管理
  • 水管理

    水は化学品の生産において重要なインプットであり、主に冷却、蒸気発生、および原料処理に使用される。水不足の長期的な歴史的増加、コスト、そして人口増加とシフト、汚染、気候変動に起因する過剰消費と供給の制限による継続的な増加への期待は、水管理の重要性の高まりを示している。水不足は、水集約的な運用を行う企業の運用中断のリスクを高める可能性があり、また、水の調達コストと設備投資を増加させる可能性がある。一方、化学品製造では、処理前に処理する必要があるプロセス廃水が発生する可能性がある。水質規制を遵守しないと、規制遵守および緩和コストまたは訴訟の結果として法的費用が発生する可能性がある。効率の向上やその他の水管理戦略を通じて水使用量と消費量を削減すると、時間の経過とともに運用コストが削減され、規制、給水不足、コミュニティに関連する運用の混乱による経済的影響を軽減できる。
廃棄物及び危険物管理
  • 有害廃棄物管理

    化学品の製造は、重金属使用済み酸、触媒、および廃水処理スラッジを含むがこれらに限定されない、危険なプロセス廃棄物を生成する可能性がある。一部の廃棄物は輸送、処理、保管、および廃棄に関する規制の対象となっているため、企業は廃棄物の管理において規制上および運用上の課題に直面している。廃棄物管理戦略には、可能であれば、発電量の削減、効果的な処理と処分、リサイクルと回収が含まれる。このような活動は、初期投資または運用コストを必要とするが、企業の長期的なコスト構造を低下させ、修復責任または規制上の罰則のリスクを軽減できる。
人権と地域社会のつながり
  • コミュニティ関係

    化学品企業は、多くの地域社会に経済的に貢献しており、雇用機会を提供し、税金と資本生成を通じて地域社会の開発を推進している。一方、環境政策、地域社会住民の健康、プロセスの安全性などの問題は、企業にとって規制、運用、財務、および評判の面で重要な意味を持つ問題となっている。大気への排出や水の使用などの環境外部性は、長期にわたって化学品工場の近くに住む住民の健康に影響を及ぼす可能性がある。一方、プロセス安全性に関する災害は、地域社会の住民の健康と安全を危険にさらす可能性があり、規制罰、訴訟、緩和コストが発生する恐れがある。したがって、化学品企業は、地域社会との強力な関係を構築することで、潜在的な事業の混乱を軽減し、規制リスクを低減し、重要な従業員を保持し、プロセス安全性に関する事故が発生した場合の訴訟費用のリスクを低減し、事業を運営するための強力な社会的ライセンスを確保するなどのメリットを得ることができる。企業は、さまざまな地域社会関与戦略を採用できる。たとえば、地域社会関与計画の策定、企業の利益と地域社会の利益との整合性を確保するためのコードとガイドラインの確立、影響評価の実施によるプロジェクトの評価と潜在的な悪影響の緩和などがある。
従業員の健康と安全
  • 労働力の健康と安全

    化学品製造施設の従業員は、とりわけ、重機、有害物質、高温と高圧、および電気的危険に暴露することによる健康と安全のリスクに直面している。医療費の増加、訴訟、業務の中断など、財務面での影響につながる可能性がある安全に及ぼす影響を積極的に軽減するためには、効果的な安全文化を作成することが重要である。安全な労働環境を維持し、安全文化を促進することにより、企業は安全関連の費用を最小限に抑え、生産性を向上させることができる。
製品設計とライフサイクル管理
  • 使用段階の効率のためのプロダクトデザイン

    資源不足と規制の増加により、材料効率の向上とエネルギー消費量と排出量の削減の必要性が高まっているため、化学品業界は、顧客の効率を高める製品の開発から利益を得る立場にある。化学品業界の製品は、材料の最適化による自動車の排出量の削減から建物の断熱材の性能の向上まで、さまざまな用途で効率を高めることができる。したがって、効率を改善したいという顧客ニーズに対処する費用効果の高いソリューションを開発する企業は、収益と市場シェアの増加、競争力の強化、ブランド価値の向上というメリットを享受できる。
  • 化学品の安全性と環境管理

    製品の安全性と管理は、化学品業界の企業にとって重要な問題である。使用段階における化学品が人の健康や環境に影響を及ぼす可能性により、製品の需要が減ったり、規制リスクが強化されたりする可能性がある。また、売上高に影響を及ぼし、運用コスト、規制遵守コスト、および緩和コストが発生する可能性がある。したがって、この業界は、毒性が低減された代替製品の開発など、使用段階における製品の潜在的な影響を管理する革新的なアプローチを開発することにより、規制リスクを軽減し、市場シェアを拡大できる。これは、競争力の強化、市場シェアの拡大、規制リスクの低減、ブランド価値の向上を通じて株主価値に貢献する可能性がある。
  • 遺伝子組み換え生物

    一部の化学品企業は、遺伝子組み換え生物(GMO)技術を使用して開発された作物の種子を生産している。GMO技術は、特に殺虫剤や除草剤に対する作物の耐性を変えたり、干ばつ耐性を改善したりすることにより、トウモロコシや大豆を含む特定の作物の収量を改善した。同時に、一部の地域の消費者と規制当局は、GMOの栽培と消費による健康、環境、社会への影響が知られているため、GMO技術の使用に懸念を表明している。したがって、このような技術を採用する企業は、市場機会とその使用に関連するリスクの両方に直面している。GMO作物技術の採用は米国では重要となっている。一方、欧州や中国を含む他の地域では、規制当局がGMOベースの製品に対して禁止、量的制限、またはラベル表示要件を実施している。このような製品の禁止またはラベル表示の要件は、製造業者の収益を低下させるか、コストを増加させる可能性がある。また、規制および公衆の認識により、評判リスクが発生する可能性がある。そのため、GMO製品に関連する市場の推進要因に効果的に対応する企業は、リスクを軽減し、機会を活用できる。
法規制環境の管理
  • 法規制環境の管理

    化学品業界は、とりわけ、排気、排水、化学品の安全性、およびプロセスの安全性を管理する厳しい規制に直面している。規制の進展は製品の需要、製造コスト、およびブランド価値に大きな影響を与える可能性があるため、短期および長期の両方で規制の進展を予測して適応することは、この業界にとって重要な問題となっている。したがって、企業の業績をサステナブルな環境の成果に合わせて調整し、社会的外部性を考慮する規制環境を管理するための明確な戦略を持つ企業は、規制の不確実性の低減、ブランド価値の向上、競争力の強化から利益を得ることができる。
クリティカルインシデントリスク管理
  • 運転上の安全性、緊急事態時における準備及び対応

    健康、安全、および緊急時の管理は、化学品業界の企業にとって重要な問題である。技術的な障害、人為的ミス、または天候などの外的要因により、処理施設での保管中および輸送中に、化学品が環境に誤って放出される可能性がある。さらに、化学品の可燃性により、製造に伴う高い動作温度と圧力と相まって、爆発、危険な流出、またはその他の緊急事態のリスクが高まる。このような事象は、有害な大気放出や化学品の放出を通により、近隣の地域社会の労働者や住民に害を及ぼす可能性があり、環境にも悪影響を与える可能性がある。企業は、運用上の混乱、設備の損傷、評判への悪影響、規制遵守コスト、プロセス事故が発生した場合の修復コストの増加に直面する可能性がある。したがって、プロセスの安全性を強力に管理することで、事業の停止時間を削減し、コストと規制リスクを軽減し、労働力の生産性を確保できる。

産業を4つまで選択

現在の 産業を: 化学品

資源の変換セクター
消費財セクター
採掘・鉱物加工セクター
財務情報セクター
食品・飲料セクター
ヘルスケアセクター
インフラストラクチャーセクター
再生可能資源と代替エネルギー セクター
サービスセクター
テクノロジー&コミュニケーションセクター
運輸セクター