エアライン

Select Language
Current language: 日本語
エアラインインダストリーは、レジャーとビジネスの両方の目的で乗客にグローバルな航空輸送を提供する企業で構成される。これには、商業用のフルサービスエアライン、低コストエアライン、地域エアラインが含まれる。フルサービスエアライン社は、一般的にハブアンドスポークモデルを使用し、国内および国際的なルートを設計している。低コストエアラインは、通常、より少ない路線数で、顧客にシンプルなサービスを提供する。地域キャリアは、通常、フルサービスキャリアとの契約の下で運営され、より大規模なキャリアのネットワークを拡張している。また、多くのエアラインは貨物部門も所有し、追加の収益を得ている。エアラインインダストリーでは、ネットワークの規模を拡大するために、企業がパートナーシップを結んだり、アライアンスに参加したりすることが一般的である。アライアンスとして運営することで、エアラインは、顧客に、1 枚の航空券で複数の航空会社にまたがった国際線やサービスが不十分な旅程へのアクセスを提供することができる。同時に、航空会社は間接費をある程度分担し、自国外の国で操業することなく、グローバル市場での競争力を高めている。

関連問題 (四 の 二十六)

いくつかの問題がグレーアウト表示されている理由 SASB基準は産業内の異なる持続可能性リスクと機会により産業ごとに異なります。灰色で示されている問題は基準設定プロセスの際、企業価値に影響を与える可能性が最も高いものとして認識されなかったため、基準には含まれていません。時とともにSASB基準理事会が市場のフィードバックを受け取るにつれ、いくつかの問題が基準に追加され、あるいは 基準から削除されることがあります。各会社は、持続可能性問題がその会社の企業価値を作り出す能力に影響するかどうかにつき、自ら決定します。この基準は産業内の典型的な会社を対象として設計されていますが、それぞれの会社は、各社独自のビジネスモデルに基づき異なる持続可能性問題について報告することを選択できます。

開示トピック

一般問題カテゴリと開示トピックの関係はどのようなものですか? 一般問題カテゴリは、各SASB基準に出てくる開示トピックの産業非依存性版です。開示トピックは、一般問題カテゴリの産業特異的な影響を表しています。産業特異的開示トピックは、各SASB基準が産業に合ったものであるようにし、一方一般問題カテゴリは産業全体に渡る比較ができるようにします。例えば、健康と栄養はノンアルコール飲料産業における開示トピックで、顧客福祉という一般的問題に対する産業特異的対策を表しています。しかし、顧客福祉という問題は、バイオテクノロジー・医薬品産業では、偽薬開示トピックとして表されます。
一般問題カテゴリ
(産業非依存性)

開示トピック (産業特異的) に対し: エアライン

GHG排出
  • 温室効果ガス排出量

    エアラインインダストリーは、炭化水素燃料への依存度が高いため、大量の排出物を発生させており、その99%以上が二酸化炭素(CO₂)である。したがって、エアラインインダストリーは、気候変動の緩和政策に関連するコンプライアンスコストやリスクを受けやすくなっている。航空会社の温室効果ガス(GHG)排出の主な原因は、航空機燃料の使用と排出、地上設備、施設の電力である。航空機燃料の使用は、航空会社による総排出量の最大の要因であり、燃料管理は排出量を削減する上で不可欠な要素である。燃料使用による環境への影響を管理するには、航空機のアップグレード、改修、飛行速度やルート設計の最適化による燃料効率の向上、代替燃料やサステナブルな燃料の導入などが含まれる。これらの取組みには資本支出が必要であるが、長期的には燃料コストを削減し、GHG排出プログラムや規制によるリスクへのエクスポージャーを軽減することができる。
労働慣行
  • 労働慣行

    エアラインインダストリーの労働者の多くは、労働者の基本的な権利の一つである公平な賃金、安全な労働条件、結社の自由を取扱う団体労働協約の対象となっている。主要人員の組合化は、賃金や手当の増加による人件費の上昇につながる可能性がある。同時に、労働慣行は、事業の長期的な収益性に影響を与える可能性がある。労働者の賃金や労働条件などの問題を有効に管理し、コミュニケーションを図ることで、ストライキの長期化につながる労働者との対立を防ぐことができる。ストライキの長期化は、業務の停滞や停止を招き、企業のレピュテーションを棄損し、収益性や市場シェアを低下させる恐れがある。
競争行動
  • 競争的行為

    エアラインインダストリーの特徴は、固定資本コストと人件費が高いことによる低マージンと、一部の市場における政府が助成する航空会社との競争である。このため、航空会社は提携や統合を通じて規模の経済性を求め、市場の集中化を招いている。また、このインダストリーは、限られた着陸権と空港の混雑の増大により、参入障壁が高いという特徴がある。これらの特徴が相まって、企業は反競争的な行為に従事し、消費者価格を高騰させる可能性がある。その結果、反トラストに関する当局は、空港スロット管理、略奪的価格設定、提携や合併など、特定のエアラインインダストリーにおける慣行を精査してきた。これにより、法的費用、レピュテーションリスク、合併や買収取引の遅延に伴う費用、買収や合併による成長の制限など、投資家にマテリアルなリスクをもたらすことになる。
クリティカルインシデントリスク管理
  • 事故および安全管理

    事故が重大な結果をもたらす可能性がある空の旅の性質を考えると、航空業界においては乗客の安全が最も重要である。航空機での旅行は最も安全な輸送手段の一つであるが、航空会社には、非常に高い安全基準が課せられており、消費者は事故のない運航を期待している。さらに、航空輸送される製品は高付加価値のものや生鮮品である傾向があるため、安全かつタイムリーな方法でそれらを配達することは、どの航空会社にとっても優先事項である。航空事故は、重大な環境・社会への外部性をもたらす可能性があり、会社は、被害の修復や補償のための費用を負担しなければならない。安全災害や安全規制への違反は、会社のレピュテーションに慢性的な影響を与え、リスクプロファイルと資本コストを増加させ、乗客や荷主からの需要の低下を招き、収益に打撃を与える可能性がある。大規模な事故は、たとえ発生頻度が低くても、レピュテーションや収益成長に重大かつ長期的な影響を及ぼしうる。安全を確保するためには、適切な安全訓練を実施し、乗組員の健康と福祉を確保することが重要である。等しく重要なのは、航空機のタイムリーで適切なメンテナンスである。これにより、技術的な不具合を最小限に抑え、コンプライアンス違反に対する厳しい規制上の罰則を回避することができる。

産業を4つまで選択

現在の 産業を: エアライン

運輸セクター
消費財セクター
採掘・鉱物加工セクター
財務情報セクター
食品・飲料セクター
ヘルスケアセクター
インフラストラクチャーセクター
再生可能資源と代替エネルギー セクター
資源の変換セクター
サービスセクター
テクノロジー&コミュニケーションセクター