自動車

Select Language
Current language: 日本語
自動車インダストリーには、乗用車、軽トラック、モーターサイクルを製造する会社が含まれる。インダストリープレーヤーは、さまざまな従来燃料、代替燃料、パワートレインを使用して走行する車両を設計、製造、販売している。これらの車両を消費者向け小売販売のためにディーラーに販売するだけでなく、レンタカーカーやリース会社、商用輸送機器、政府などに直接販売している。 このインダストリーのグローバルな特性により、ほぼすべての企業が世界中の複数の国に製造施設、組立工場、サービス拠点を保有している。自動車インダストリーは一部の大手メーカーと多様なサプライチェーンへの集中度が高い。このインダストリーが天然資源に依存し、景気の影響を受けやすいことを考えると、収益もおおむね周期的である。

関連問題 (四 の 二十六)

いくつかの問題がグレーアウト表示されている理由 SASB基準は産業内の異なる持続可能性リスクと機会により産業ごとに異なります。灰色で示されている問題は基準設定プロセスの際、企業価値に影響を与える可能性が最も高いものとして認識されなかったため、基準には含まれていません。時とともにSASB基準理事会が市場のフィードバックを受け取るにつれ、いくつかの問題が基準に追加され、あるいは 基準から削除されることがあります。各会社は、持続可能性問題がその会社の企業価値を作り出す能力に影響するかどうかにつき、自ら決定します。この基準は産業内の典型的な会社を対象として設計されていますが、それぞれの会社は、各社独自のビジネスモデルに基づき異なる持続可能性問題について報告することを選択できます。

開示トピック

一般問題カテゴリと開示トピックの関係はどのようなものですか? 一般問題カテゴリは、各SASB基準に出てくる開示トピックの産業非依存性版です。開示トピックは、一般問題カテゴリの産業特異的な影響を表しています。産業特異的開示トピックは、各SASB基準が産業に合ったものであるようにし、一方一般問題カテゴリは産業全体に渡る比較ができるようにします。例えば、健康と栄養はノンアルコール飲料産業における開示トピックで、顧客福祉という一般的問題に対する産業特異的対策を表しています。しかし、顧客福祉という問題は、バイオテクノロジー・医薬品産業では、偽薬開示トピックとして表されます。
一般問題カテゴリ
(産業非依存性)

開示トピック (産業特異的) に対し: 自動車

製品の品質と安全性
  • 製品の安全性

    運転は、注意散漫な運転、スピード違反、飲酒運転、危険な気象条件などの要因により、ドライバー、乗客、および傍観者が怪我や死亡事故にさらされる可能性があるため、危険な活動である。また、事故は不具合のある車両により引き起こされる可能性があり、車両が販売される前に不具合を検出できなければ、自動車メーカーに重大な経済的影響を与える可能性がある。安全要件を満たしていない多くの国で販売されている不具合のある車両は、メーカーの費用でリコールおよび修理または交換する必要がある。リコールはレピュテーションに悪影響を与える可能性があり、企業のリスクプロファイルを増加させ、ひいては資本コストを増加させながら、収益と成長の可能性を低下させるうるものである。車両の安全を確保し、不具合が特定された際にタイムリーに対応することにより、マージンを侵食する膨大なコストにつながりかねない規制措置や顧客による訴訟から企業を保護することができる。課題を効果的に管理することで、企業はブランド価値を高め、長期的に売上を伸ばすことができる。
労働慣行
  • 労働慣行

    自動車インダストリーの労働者の多くは、労働者の基本的な権利の一つである公平な賃金、安全な労働条件、結社の自由を取扱う団体労働協約の対象となっている。一方、このインダストリーのグローバルな性質により、自動車会社は労働者の権利が適切に保護されていない国でも事業を行う可能性がある。労働者の賃金や労働条件などの問題を実効的に管理し、またコミュニケーションを図ることにより、生産の遅延や停止、収益減少、オペレーションリスクの上昇につながるストライキの長期化を招きうる労働者との衝突を防ぐことができる。労働者の権利を保護することで労働者を管理する自動車メーカーは、短期的にはより高い人件費に直面する可能性があるが、労働者の生産性を向上させることにより、事業の長期的な財政的サステナビリティを確保するためにより良い立場にあるといえる。
製品設計とライフサイクル管理
  • 燃費と使用段階の排出量

    自動車による石油燃料の燃焼は、地球規模の気候変動に寄与する温室効果ガス(GHG)排出のかなりの部分を占めている。また、窒素酸化物(NOₓ)、揮発性有機化合物(VOC)、粒子状物質(PM)などの局所的な大気汚染物質を生成し、人間の健康や環境を脅かす可能性がある。このため、世界中の消費者と規制当局は、自動車による排出量について、ますます懸念を高めている。使用段階の排出量は自動車メーカーより下流にあるが、規制は多くの場合、燃費基準などを通じて排出量を削減するために自動車メーカーに焦点を当てている。より厳しい排出基準および変化する消費者の要求は、電気自動車やハイブリッド車、さらには高燃費の従来型自動車の市場拡大を推進している。さらに、メーカーは燃費改善のために、より軽量の材料で作られた車両を設計することで革新を起こしている。現在の燃費および排出ガスの基準を満たし、さまざまな市場で将来の規制基準を満たすか上回るために革新を続けることができる企業は、従来の車両の需要が減少するリスクを軽減しながら、競争力を強化し、市場シェアを拡大​​する可能性がある。
材料の調達と効率
  • 資材調達

    自動車業界の企業は、通常、主要なインプットとして希土類金属やその他のクリティカルマテリアルに依存している。これらのインプットの多くは、利用い可能な代替物がほとんど、または全くなく、多くの場合、数カ国に集中する鉱床から供給され、その多くは地政学的な不確実性の影響を受けている。気候変動、土地利用、資源不足、および業界のサプライチェーンが操業する地域での紛争に関連したその他のサステナビリティへの影響も、業界の資材調達能力をますます形作るものとなっている。さらに、他のセクターからの世界的な需要の増加によるこれらの材料の競争の激化は、価格の上昇と供給リスクをもたらす可能性がある。これらの材料は、電気自動車やハイブリッド自動車などのクリーンエネルギー技術において重要な役割を果たす。規制当局が温室効果ガス排出量の削減を目指し、より燃費の良い車両に対する消費者の需要が高まるにつれ、自動車業界で生産されるハイブリッド車とゼロエミッション車(ZEV)のシェアは今後も増加し続けるであろう。クリティカルマテリアルの使用を制限し、調達を確保し、代替品を開発できる事業体は、マージン、リスクプロファイル、資本コストに影響を与える可能性のある供給の混乱や不安定な投入価格から企業を保護することができる。
  • 原材料効率とリサイクル

    自動車の生産には、大量の材料(鉄鋼、鉄、アルミニウム、プラスチックなど)が使用され、大量の廃棄物(金属くず、塗料スラッジ、輸送材料など)が発生する可能性がある。自動車の所有率が世界的に拡大し、毎年数百万台の車両が耐用年数を終えるにつれて、ライフサイクルの環境への影響が増大している。自動車会社は、設計の革新とプロセスおよび技術の改善により、これらの影響を軽減し、重要な経済利益を達成しうる。廃棄物の削減、廃棄物や廃車の再利用またはリサイクルなど、生産プロセスにおける材料効率の改善に革新をもたらす企業は、車両ライフサイクルの環境への影響や、新しい材料の生産による天然資源の負担軽減に貢献することができる。このようなイノベーションを通じて、企業は投入コストの削減によるコスト削減を達成し、潜在的な規制上の罰金や罰則から身を守ることができる。また、 資源不足から生じうる価格変動や生産プロセスへの主要なインプットの可用性変動からも身を守ることができる。

産業を4つまで選択

現在の 産業を: 自動車

運輸セクター
消費財セクター
採掘・鉱物加工セクター
財務情報セクター
食品・飲料セクター
ヘルスケアセクター
インフラストラクチャーセクター
再生可能資源と代替エネルギー セクター
資源の変換セクター
サービスセクター
テクノロジー&コミュニケーションセクター